--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2012/05/08

ハセガワ 1/48 Bf109F(III/JG53 Hptm Jurgen Harder)

珍しく連日の更新となりました(笑)
昨日は、組上げたらモチベーションが・・・ウニャウニャ・・・
と記載していましたが、そういう時は気分を変えて何か別の物でも・・・と
空物でも仕上げてみるかなと、ハセガワのBf109Fなんぞも組上げて、
塗装も進めていました^^
塗装も、キットに付属しているのではなく、イーグルストライクデカールズに
付属する、真中の機体 III/JG53 Hptm Jurgen Harder機を作り上げたいと思います。
bf109f_1_20120508185821.jpg
bf109f_2_20120508185855.jpg
空物は、操縦席やエアインテーク周り等を仕上げてあげないと
先に進めないので、必然的に塗装との同時作業になるので、
勢いつけた状態を維持すべく機体の初期段階の塗装まで一気に進めております。
bf109f_cockpit.jpg
コックピットは、基本キットのままでシートベルトを追加、パイピング等を
適当に追加したのみでも結構良い感じに見えるんですね^^

先ずは、暗部に希釈したスミ色(暗い色系でしたら何でもOKです)をババッと
適当に塗り込んでから、Mrカラー337をビン生色を希釈をして、ズババババッと
スミ色が溶けだそうが気にせず容赦なしに何回かに分けて塗り込んだら、
適度に筆ムラは残りますが、このムラ残り加減が個人的には好きなので
一旦ここで止めます。
bf109f_3.jpg
bf109f_color.jpg
bf109f_4.jpg
bf109f_5.jpg
bf109f_6.jpg
だいぶ、ムラが消えてきました^^

ちなみに筆は何百円単位の安い平筆(中ぐらい?)を使っています。
普通でしたら筆塗りメインの場合、面相筆を使う方が多いと思いますが、
自分の場合は、平筆使用率が高いので、買ってきた平筆は使う前に儀式があります。
散髪してあげるのです。
買ってきた平筆は、両サイドが綺麗に角ばっていますが、一旦ほぐしてあげて、
角部分を丸く散髪するのと、ホントに軽ぅ~く、すいてあげるのです。
この微妙な散髪加減が塗装してる時に、あまり筆ムラが残りにくい状態に自分の場合は
できるので、我が家の平筆は新品で散髪となります(笑)
厳密に言うとすれば、塗り込み時の希釈加減や力加減、筆の先で塗るのか腹部分で
塗るのか等もありますが^^;
微妙ですなぁ~(笑)

話それましたが、

次の塗り込み作業からは、Mrカラー117 RLM76をこれまた、ビン生を希釈して、
今度は少し丁寧に仕上げていきます。筆は細めの平筆に持ちかえます。
ビン生を希釈しただけの塗装ですが、ここからの塗装の塩梅加減がブラシでは
出せない筆塗りの醍醐味ですので、失敗するか成功するかは偶然性も味方にしながら
ワクワクドキドキもんです^^
とか言いながら、失敗しても気にせず成功としてますが。。。(笑)

今回は、久しぶりのメッサーシュミットなので、ドイツ機特有の迷彩塗装の
モットリング等も塗装は出来る限り筆にて自分なりに仕上げていきたいと
思っとるのです。ボカシ具合もどうなるでしょうか・・・

さてさて、失敗か成功か・・・どうなる事やらお楽しみに~^^
スポンサーサイト
ハセガワ 1/48 Bf109F(III/JG53 Hptm Jurgen Harder) | Comments(1) | Trackback(1)
2012/05/07

15作目/ELEFANT(DRAGON 6311)

こんにちわ!お久しぶりです^^
毎度の久々更新になります。
模型製作もなんやかんやの状態で、ボチボチの~んびりとやっとりました。

さて、製作に関しては、ここの所ずっ~~~~と組立メインの状態が続いていまして、
組上げたと思ったら!!! モチベーションが続かず・・・
の状態で未完成のテンコ盛りになっております^^;
こんなんじゃアカンがなぁ・・・っと思っとりますが、
まぁこういう時期もあるかな?と在庫減らしに次から次へと手を伸ばして・・・(笑)

ってな具合で、少し前に組立は終わっていたドラゴン6311 エレファントになります^^
タミヤからも発売されると少し前にアナウンスがありましたね!
まぁタミヤのは間違いないと思われるし、今の所購入予定も無いと思われるので、
ドラゴンので思う存分楽しんみようと思います(笑)
elefant_dm6311_1.jpg
elefant_dm6311_2.jpg
このエレファントはコーティングされているとの事なので、キットを購入した時に
一緒にATAKのレジン素材でできている薄々のツインメリット素材を初めてつかってます。
個人的には、使い勝手も良いですしナカナカなもんだと思いますぞ^^
elefant_dm6311_3.jpg
牽引ワイヤーなども、兵士達が適当?に落とさない程度に吊るしている雰囲気を
出せたら良いかなと、いつもの水糸に差し替えてあげて瞬着でガチガチに固めています。
後は、要所要所をチョいといじっております^^
elefant_dm6311_4.jpg
フィギュアは、在庫で余っていたレジン製の双眼鏡で上空攻撃等を監視している
状態のを1体添えてあげるだけで、広大な戦地を表現できればと思います。
完成はいつになるのかなぁ~♪
15作目/ELEFANT(DRAGON 6311) | Comments(1) | Trackback(1)
2012/01/12

スミコン2011~新年の生存報告(笑)

ご無沙汰しています。
改めまして、新年あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願い致します。

いやぁ~約8ヶ月も放置プレイが続いてしまい、久々の更新で
ちょっと感覚が鈍っております^^;
一応、なんだかんだしながら生き延びておりますので。。。

模型に関しても、ブログ放置プレイ中も出来る時はチョイチョイ弄っては
いましたが、夏ごろよりナカナカ時間がなくてズルズルとなっていましたねぇ^^;
そんなこんな状態だったのですが、
今回もスミコン2011(AM誌やMG誌で活躍されている住友たかひろさん)
参加していました。
ルールが「完成」と基本的な事でしたが、・・・
今回はタイムオーバーにて、未完成になってしまいました。

未完成・・・自分として納得できませんので、ここは気持ちを切り替えて
ひっそりヒソヒソな一人スミコンを継続していきます(笑)
住友さんHPの掲示板で嫌がられても報告はしていこうとしとります^^;

んな感じで、組立はほぼ完了している段階になっております。
後は、一旦バラシて塗装に突入ですね!

今回使用したキットは、押入れの奥底に眠っていた
アランホビー BISON I を成仏させてあげるとします。
aran_bison_I_box.jpg

基本的には、いつもと同じくキットの素材を極力使用しながら
外品のエッチングパーツ(eduard 35813)を使用する方法にて組み上げてみました。
東欧キットと言えば大らかな造りですが(笑)手を加えて自分なりの仕上げを
するには、なかなか良いキットですね。

後、お遊びで過去に組立てていたサイバーホビー白箱の15cm sIG33砲を
引っ張り出してきて載せてみたら、良い感じにて載せられるのが面白いですね^^

この小さい車体にフィギュアも何体かどこかから選んできて、
戦闘中?などの感じで載せてあげても面白いですね。

って感じで、写真をツラツラァ~と掲載してみます。
aran_bison_I_1~4
aran_bison_I_6~10
aran_bison_I_11~13~edu
aran_bison_I_14~17~box
スミコン2011~新年の生存報告(笑) | Comments(4) | Trackback(0)
2011/05/16

14作目/III号戦車L型(TAMIYA)

ご無沙汰しております。
またまたブログを放ったらかし状態でした。。。^^;
製作に関しては色々な物に手を出しまくりですが、なかなかまとまりもなく
ブログに掲載する感じでもなく・・・笑
まぁ基本のんびり製作記ですしひっそりブログですのでこの様な感じの
マイペースで突っ走りたいと思います^^

さてさて今回14作目に(厳密にはその倍以上かも。。。)なりまして、
タミヤの3号戦車L型になります。
フィギュアも2体程使ってみようかと車両に乗せてみました。
ディテールアップとして部分的に少しですが、エデュアルドのエッチングパーツも
使用しています。

後は、戦場を生き残ってきた感を出す為に色々ダメージ表現をしてみようと・・・
ゴム転輪がモゲた、敵弾痕、あたって擦ってへしゃげた部分、等々・・・
少し大げさですが表現してみました(まだまだ、大人し目? ^^;)
tamiya_3_ausf_L_1.jpg
tamiya_3_ausf_L_2.jpg
tamiya_3_ausf_L_3.jpg
砲塔上にある角のような物は、エシュロンデカールにも指定があった
ジェリカンラック?留め具か何かだと指定が記載していたので、
形はともかくとして(笑)自分なりに手持ちの材料で雰囲気で
取り付けてみました^^

そして今回は、外品デカールを使用してみようと思ってまして、
下記掲載のエシュロンデカールを用意してみました。
tamiya_3_ausf_L_4.jpg
tamiya_3_ausf_L_5.jpg
カラーリング選択も、J型、L型、M型など各型数車輛づつ選べます。
ブログでもこういう外品デカールを使用した作品例が余り無さそう?
な感じもするので、ここは一つL型の(拡大写真No,6)
「SS第2戦車連隊"ダス・ライヒ"」233号車にて仕上げてみましょう^^
tamiya_3_ausf_L_6.jpg
このカラーリングは、基本ベースにダークイエロー系を基本塗装として
オリーブグリーン系色を乱雑な感じでオーバースプレーした様な
感じなんでしょうかねぇ。。。その逆なのかなぁ。。。分からんなぁ。。。
末期ドイツ軍の車両は基本ベースはオリーブグリーン系が多かっと思うのですが・・・
色々ネットや写真集でも調べたのですが実写写真は見つかりませんでしたので、
考証事云々は置いといてイメージ重視で塗装をしてみようと思っています。
こういう部分が模型製作の楽しめる部分ですよね!^^
14作目/III号戦車L型(TAMIYA) | Comments(6) | Trackback(0)
2011/03/03

13作目/ベルゲパンツァーIV 戦車回収車(TRUMPETER)

続きましてはぁ~~~チマチマとこんなん造っております^^
変わり種の車輛も好きな私としてはツボにはまりながら製作を楽しんでいます。

トラぺのキット製作は初めてですが、自分的にはナカナカ良いと思います。
キット内容はというと多少バリやパーツのダルイ部分がありますので、
個々のパーツのスリ合わせ等してあげてキッチリカッチリ感を出しながら
組み上げていった方が良いですね。
まぁ色々言われている東欧系のキットに比べれば断然造りやすいですけどね(笑)

車体内部も組み上げたら殆ど見えなくなると思いますが、
色々と再現されていますねぇ~自己満足の世界でしょうねぇ~(笑)

しかし最近は暇があれば組み立ててばかりいるなぁ~
塗装もしていかないとドンドンたまるばかりで・・・
在庫処分していかないとね!^^
bergepanzerIV_a.jpg
bergepanzerIV_b.jpg
bergepanzerIV_c.jpg
bergepanzerIV_d.jpg
13作目/ベルゲパンツァーIV 戦車回収車(TRUMPETER) | Comments(0) | Trackback(0)
 | HOME | Next »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。